Raspberry Piを買ってみた。(セットアップしてみた)

By のじみ, 2013年6月15日


2013-06-14 21.39.19 

最近流行りのRaspberry Piを入手したのでセットアップなど少しいじってみました。

 今回購入したのはRSオンラインです。2,950円(送料別)でした。

Raspberry Pi Type B 512MB

ちなみにRaspberry PiにはモデルAとモデルBがあります。

  Model A ModelB
価格(RS) ¥2,150 ¥2,950
CPU Broadcom BCM2835
メモリ 256MB 512MB
USB2.0ポート 1 2
映像出力 コンポジット,HDMI
音声出力 3.5mmジャック,HDMI
ストレージ SD/MMC
ネットワーク なし 10/100Mbpsイーサネット
電源 300mA 700mA
寸法 85.60mm × 53.98mm

主な特徴としては電源はMicroUSBから、ストレージはSDカード、映像出力にはHDMIが使えることでしょうか。AとBの大きな違いはメモリ容量、LANケーブル挿さるかどうかといったところでしょうか。USBポート数に関してはハブを使えばそれほど問題にならない、ネットワークも無線LANドングルでも挿せば差はそれほど無くなるとおもいます。

さて今回購入したのは初めてということもあってBの方を購入しました。送料込みで3,500円ほどですね。Raspberry PiはSDカードにシステムをインストールします。今回は一番メジャーで情報があると思われるRaspbian “wheezy”というDebianベースのOSをインストールします。システムイメージは公式サイトから配布されており、他にもArchやPidora、RISC OSというものも配布されているようです。またサードパーティのOSもあるようです?

まずはじめに公式サイトからシステムイメージをダウンロードし、2GB以上の容量のSDカードにイメージを書き込みます。

http://www.raspberrypi.org/downloads

↑からRaspbian”wheezy”をダウンロードする。

http://sourceforge.net/projects/win32diskimager/

↑からWin 32 Disk Imagerをダウンロードする。

dm

ダウンロードしてきたzipを解凍してSDカードにイメージを書き込み。Raspberry PiにSDカードを挿入してキーボード、マウス、モニタに接続してからスマホ充電用のACアダプタなどで電源を供給します。

今回は最新の2013-05-25版のwheezyを使ってみました。

起動するとこんな感じ

2013-06-15 04.43.34

初期設定の画面が出てくるので設定します。

2013-06-15 04.44.10

行なって置いたほうが良さそうなのは以下の項目

1.Expand Filesystem

デフォだと2GB程度になっているみたいなのでSDカード全体までファイルシステムを拡張する。

2013-06-15 04.44.57

 

成功するとこんな感じになるはず。

2.Change User Password

デフォルトのユーザーはpiでパスワードはraspberryになっているようなので変更。

2013-06-15 04.45.57

3.Enable Boot to Desktop

2013-06-15 04.48.29

GUIで起動するかCUIにするかの選択。今回はNoを選択。

4.Internationalisation Options

2013-06-15 04.46.42

・Change Locale

2013-06-15 04.47.15

2013-06-15 04.47.34

ja_JP.UTF-8 UTF-8を追加。でもこのままだとコンソールで文字化けするだけだからGUIでフォントインストールしてブラウザ使うとかじゃない限り意味が無いのでNoneでもいいかも。

・Change Timezone

Asia – Tokyoを選択。

・Configuring keyboard-configuration

キーボードの設定です。

[Generic 105-key (Intl) PC]→ [Other]→[Japanese]→[Japanese – Japanse (OADG 109A)]→[The default for the keyboard layout]→[No compose key]の順番に選択。

2013-06-15 05.37.10

最後にこんな画面が出てXを終了するのにCtrl + Alt + Backspaceを使うか聞かれるのでYesに。

5.Advanced Options

・SSH

今回はSSHを使用したいのでEnableに。

設定を終了するとrebootします。

今度はこんな感じで起動

2013-06-15 05.10.01

 ユーザー名piでさっき設定したパスワードでログイン。あとは普通にLinuxなので適当に色々やればいいと思いますね。ちなみにさっきの設定をやり直す場合は

 で再設定可能です。

 Xを起動してデスクトップ環境にする場合はログイン後

 で可能です。ちなみにこんな感じ。

2013-06-15 05.50.56

Xを終了してCUIに戻る場合はCtrl + Alt + Backspaceで。

デスクトップでちゃんと日本語環境とし使うなら以下のコマンドでフォントとIMEをインストールしたほうが良さそう。

gdgd書いてきましたがこれで主な設定は終わりです。今後はGPIO関連の電子工作寄りのネタでも書こうかと思ってます。

参考サイト

Raspberry Pi(ラズベリーパイ)を使ってみる -3.raspbianの初期設定とSSH経由でアクセスするまで-

Raspberry Pi : Linuxおやじ日記

Raspberry Pi OS 設定(第一弾): aimaiのトレッキング記録とか趣味のブログ

2 Comments

  1. […] 参考URL Raspberry Piを買ってみた。(セットアップしてみた)@2fps.net […]

  2. […] 参考URL Raspberry Piを買ってみた。(セットアップしてみた)@2fps.net […]

What do you think?

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。


*