【フロヨケース】SHARP IS01にAndroid2.2を導入してみた

By のじみ, 2013年2月7日


かなり今更な記事ですがIS01が有志の手によってAndroid2.2(Froyo)や2.3(GB)そして4.0(ICS)が導入できるようになったのは有名です。今更ですがCM4(Android2.2)を焼いてみました。デュアルブートなので以前の環境を崩さずに導入出来ます。(もちろん失敗は文鎮に繋がる可能性がありますが)

2013-02-06 15.05.42

  ちなみに今回はベースバンドバージョン01.00.07(通称BB7)のIS01で行ったので他のベースバンドバージョンだと参考にならない可能性があるので注意!

device-2013-02-07-033102

 作業の流れは

1.root取得

3.NANDロック解除

3.CM4導入

って当たり前というかすごく簡単です。

作業内容の簡単な説明をすると

カスロムを導入するにあたってリカバリ領域を書き換える必要がありますが、NANDロックがされているためその解除が必要になります。その解除のためにroot化が必要というわけです。

以下作業手順

①.root取得

準備するもの

MOBILEHACKERZ『au IS01 rooter 』

上記のサイトから”au IS01 rooter アプリ本体(IS01root_002.apk)”をダウンロード。IS01のSDカードにコピー。

[APP] Superuser 2.3.6.1 – Now on the Market [2010-09-05] – xda-developers

上記のサイトからsu-2.3.6.1-cd-signed.zipをダウンロード。解凍し、system、appと進み、Superuser.apkを取り出し、IS01のSDカードにコピー。マーケットでダウンロードできる最新版では動きません。

1.USBデバッグをオンにする。

2.ESファイルマネージャー等で先ほど準備した2つのファイルを開きインストール。

3.IS01 rooterを開き、Step1をタップ、作業が完了したらStep2をタップ、エラーが出る場合は再度実行。再起動してくださいと出たら再起動。

4.再起動後IS01 rooterからStep3をタップし、pathが通る位置へのインストールが完了すればroot取得は完了です。

(5.確認 マーケットからTerminal Emulaterなどをダウンロードし、suと入力するとSuperuserの確認画面が出るので許可をタップし、#が出たら大丈夫です。)

device-2013-02-07-041931

 2.NANDロック解除

準備するもの

ae2break

上記サイトからae2break.zipをダウンロード。展開しae2break(拡張子なし)を取り出しておく。

PCにadbが入っている場合はae2breakがあるディレクトリから

adb push ae2break /data/local

adb shell 

PCにadbがない場合はSDカード直下にコピー後Terminal Emulaterなどから

cp /sdcard/ae2break /data/local

を実行してください。

そして続けて

chmod 555 /data/local/ae2break

/dev/su

ここで先程のように#が表示されるので続けて

stop mediayamaha

kill -9 `busybox pidof mediayamahaserver`

/data/local/ae2break

ここで

f=3
f2=3
ret=0

と表示されれば成功。NANDロック解除は終了です。

3.CM4導入

準備するもの

庵怒露慰怒 – IS Series CM4IS01インストール

上記リンクからcm4is01.7zをダウンロード。展開しておきます。

1.フォルダの作成

CM4をデュアルブートするために既存のシステムがある/system上にcm4is01というフォルダを作りそこにロムを設置します。

PCからadbで行う場合は

adb shell “mkdir /data/cm4is01”

adb shell “mkdir /data/cm4is01/data”

adb shell “mkdir /data/cm4is01/cache”

adb shell “mkdir /data/root”

IS01からTerminal Emulaterを使って行う場合は

mkdir /data/cm4is01

mkdir /data/cm4is01/data

mkdir /data/cm4is01/cache

mkdir /data/root

2.ファイルの設置

先ほど展開しておいたcm4is01.7z内のファイルを今作成したフォルダに移動させます。

PCからadbで行う場合はファイルがあるディレクトリから

adb push system.img /data/cm4is01

adb push cminstall.sh /data/cm4is01

adb shell “chmod 0755 /data/cm4is01/cminstall.sh”

adb push cmboot.img /data/root

system.imgなどは容量が大きいので気長に待ちましょう(2分弱ほど)

IS01からTerminal Emulaterを用いて行う場合はSDカード直下にcmboot.img,cminstall.sh,system.imgの3つのファイルをコピー後

cp /sdcard/system.img /data/cm4is01

cp /sdcard/cminstall.sh /data/cm4is01

chmod 0755 /data/cm4is01/cminstall.sh

cp /sdcard/cmboot.img /data/root

以上でファイルの設置は完了です。

3.インストール

PCからadbで行う場合は

adb shell

su

/data/cm4is01/cminstall.sh

(ここでrm failed for -rf, No such file or directoryとエラーが出ますが無視して大丈夫です)

flash_image recovery_wr /data/root/cmboot.img

reboot recovery

再起動してCMのロゴが表示されるので数分待つと起動します。

IS01からTerminal Emulaterで行う場合は

su

/data/cm4is01/cminstall.sh

flash_image recovery_wr /data/root/cmboot.img

reboot recovery

でPCと行う場合と同じようになります。

以後、通常起動した場合は元々の1.6が起動し、reboot recoveryするとCM4が起動するようになります。

ちなみにCM4のデフォのホーム画面はこんな感じ

device-2013-02-07-025624

device-2013-02-07-025638

device-2013-02-07-025738

デフォルトインストールアプリ

device-2013-02-07-025755

device-2013-02-07-025802

普通にCM4です。Android2.2なのでアプリのSDカードへの移動やフラッシュが再生できるのがいいですね。もちろんハードの限界でモッサリ感はありますが…

もしICS導入も出来れば記事にしたいと思います。

3 Comments

  1. 匿名 より:

    確かAndroid 2.2のCyanogenModは6だったと思うのですが・・・

  2. 匿名 より:

    NANDロックを解除する段階から進めません
    下記の通りに入力すると /dev/suがnot foundと返されます

    chmod 555 /data/local/ae2break

    /dev/su

  3. […] 使って2.2とデュアルブートできるようにしていくのですが、 rootさえ取れていれば、 【フロヨケース】SHARP IS01にAndroid2.2を導入してみた | 2fps. net様 のNANDロック解除作業から行えばOKです。 […]

What do you think?

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。


*